2012年5月18日

肥薩線1周の旅

今日は、宮本常一「ふるさとの生活」を片手に、肥薩線1周の旅に出かけました。まずは鹿児島中央駅から「はやとの風」号。窓の開く列車に乗るのは久しぶりです。
嘉例川駅をはじめ、各駅で地元のみなさんが歓迎してくださいました。10分ほどの停車なので、高齢者の方は乗り降りが大変かもしれません。それでもおもてなしの気持ちは、しっかりと伝わります。汽車は通っていませんが、私たちのまちも、ムラおこし頑張りたいなあと感じました。

「はやとの風」号
「はやとの風」特製地ビール
嘉例川駅
屋根のあるお墓(栗野付近車窓から)