2012年5月27日

肥薩線1周の旅その3 - SL人吉号

肥薩線一周の旅、最終回です。人吉駅からハチロク(8620形)蒸気機関車が引く「SL人吉」号に乗りました。


おふくろは「小さいころに伯備線で乗せた」と言っているのですが、自分ははっきり覚えていません。子供のころは、岡山市幸町の市立図書館にあるD51に登って、よく遊んでいました。もう30年ぐらい前の話。

D51に比べると、想像してたより小さいなあと思いました。それでも汽笛一声で動き出す力強さはすごいですね。車窓からは、碧い球磨川の流れと、そてに架かる様々な鉄橋を眺めていきました。坂本あたりには、八代海沿岸でも見られる五月のぼりの大きな竿が見られるようになりました。
途中「小町麦酒」という地ビールを頂きました。つまみには馬刺しもあるようですが、今回はポテチで我慢。
新八代駅でSLと御別れし、新幹線「さくら」で45分。鹿児島中央駅に戻りました。新八代までは7時間かかったのになあ(笑)。本当にゆっくりできた1日でした。

 →Webアルバム「肥薩線一周の旅
SL人吉


白石駅(近代化産業遺産)

球磨川に架かる深水橋

新八代駅

【肥薩線一周の旅:2012.5.18時刻表】
鹿児島中央 09:25

「はやとの風」2号 
吉松 11:08

11:49

「しんぺい」2号
人吉 13:03

14:38

「SL人吉」号
新八代 16:30

16:59

「さくら」417号
鹿児島中央 17:44